☆☆瀬戸 流平です☆☆2011年秋よりリタイヤ生活に入りました☆☆

団塊世代、退職.web > 教えられてきたこと

教えられてきたこと

さまざまな問題が噴出している学校教育。巨大産業の教育業界。それは正しかったのか。そしてこれからも同じ方向でいいのか。大学にやるために親は巨費を投じているが、就職して税金と年金と収める集団を作り出しているのではないか。

失敗という響き

誰でも失敗はしたくないし、失敗に対しての恐怖で満ち溢れている。
何かの行動を起こすとき、物を買うというのも行動を起こすということである。

失敗をしたくなければ、行動を起こさなければいいというのもひとつの手段かもしれない。

「失敗という響き」詳細はこちら

学歴社会

いまだに高学歴信奉は全盛を極めているが、そろそろ、それがすべてではないことに気づき始めた人も増えてきたのかなと思いたい。

「学歴社会」詳細はこちら

学校教育を斬る

我々が教育されてきて、今でも固く信じられてきている常識。

100点が最高 100点に近いほどいい成績。

「学校教育を斬る」詳細はこちら