☆☆瀬戸 流平です☆☆2011年秋よりリタイヤ生活に入りました☆☆

団塊世代、退職.web > 団塊世代が聴いた音楽

団塊世代が聴いた音楽

まずは、エレキギターでしょ。 私も夢中になったものです。 好みの問題もありますが、エレキギターといえば「寺内タケシ氏」がまず頭に浮かぶ人も多いかと思います。 私は北欧サウンドが好きでスプートニクスファンです。 そのた、ヴェンチャーズをはじめ日本ではグループサウンズ時代があり、 社会現象にまでなりました。 エレキは不良だといわれたりした時代でした。

寺内タケシとブルージーンズ

 

寺内タケシと言えば代表曲が「運命」

1967年に発表されて大ヒットしました。

 当時は純白のモズライトに憧れていましたが、寺内タケシの漆黒のモズライトもめちゃくちゃカッイイですね。

 

YOU TUBE で見つけましたのでお聴きください。

 

BOSE製品の修理体制は

音響製品は使用頻度もそんなに多くないのでそんなに故障のことを心配しなくてもいいかとは思います。

「BOSE製品の修理体制は」詳細はこちら

BOSEとの出会い

私は、BOSEを知らなかった。
初めて知ることになり、その『音』に圧倒されてしまった。
BOSEショップオンラインへ

「BOSEとの出会い」詳細はこちら

押入れに眠っているレコード

聴いてみたいが、もう音響機器が壊れて動かないという人も多い。
捨てるに捨てられない代表格ですね。

「押入れに眠っているレコード」詳細はこちら

クロード・チアリ



エレキ全盛の時代に、エレキの音を聴きなれていた耳に突然現れた、クロード・チアリ

「クロード・チアリ」詳細はこちら

イージーリスニングという世界

イージーリスニングという世界は日本にはなかった。
どうしてかわからないけど定着しなかった。

「イージーリスニングという世界」詳細はこちら

ポピュラー ミュージック 洋楽

ギターばっかり弾いて勉強しなさい! とよく親に怒られたものですが、この時代はGSとフォークソングともう一つの流れがありました。 ポピュラー ミュージック 洋楽とよばれた、外国の音楽です。<

「ポピュラー ミュージック 洋楽」詳細はこちら

フォークソングという響き

グループサウンズ時代に続いてフォークソングも一大ブームだった。 ギターを抱えて次から次へとでてきました。

「フォークソングという響き」詳細はこちら

栄光のグループサウンズ



栄光のグループサウンズとい言葉だけでもうその時代に青春下年代すべての人に
わかってもらえる。

「栄光のグループサウンズ」詳細はこちら

私はスプートニクスファンです。

中学生ころは、LP盤をすべて買うほど小遣いは自由ではなかったけど、今なら買える。 ありがたいことにCDで発売されている。当時の音源そのままだから、中には録音の悪いのもあるが懐かしいオリジナルの音であり、ノイズがないのもいい。

「私はスプートニクスファンです。」詳細はこちら

ビートルズは音楽の歴史



世界中の音楽に影響を与えた20世紀最大のミュージシャンといえばなんといっても
ビートルズでしょう。

「ビートルズは音楽の歴史」詳細はこちら

エレキといえばヴェンチャーズ

日本にエレキブームを撒き散らし、今も現役バリバリで活躍しています。 毎年日本に来ています。 私も何度か見にいきました。

「エレキといえばヴェンチャーズ」詳細はこちら