☆☆瀬戸 流平です☆☆2011年秋よりリタイヤ生活に入りました☆☆

団塊世代、退職.web > 退職したサラリーマンの声

退職したサラリーマンの声

団塊世代を中心にサラリーマンを辞めた人の声です。

Xさん 1949年生まれ

毎日、毎日、忙しいばかりだよとおっしゃるXさんは
なんにも趣味はないのだ。

「Xさん 1949年生まれ」詳細はこちら

Vさん 昭和21年生まれ

現在は60歳も過ぎてしまった。 年金はスズメの涙で生活するにはお話にならないくらい少ない金額だ。

「Vさん 昭和21年生まれ」詳細はこちら

Wさん 1947年生まれ 女性

地元の有名な商業高校を卒業して、東証一部企業の関連子会社の地元営業所に勤務。

「Wさん 1947年生まれ 女性」詳細はこちら

Uさん 1949年生まれ 男性

工業高校卒業して、全国規模の会社の関連子会社へ技術者として入社。地元エリアを中心に近県の転勤を繰り返してきた。

「Uさん 1949年生まれ 男性」詳細はこちら

Tさん 52歳 (女性)

高校卒業して一部上場企業に就職して地元勤務してこられたのでよかった。

「Tさん 52歳 (女性)」詳細はこちら

Rさん 1948年生まれ

高校卒業後、親元を離れて大手メーカーの工場に就職。

 

長男でありながら、家はでていくことになって周囲からは親の面倒はどうするんだという圧力は常にかかっていた。

「Rさん 1948年生まれ」詳細はこちら

Pさん58歳

地域でその分野においては飛び出た地場産業の部長をしていた。

「Pさん58歳」詳細はこちら

Oさん 59歳

あと4ヶ月を残して退職。正規の定年である誕生日まで待たずに年末で退社。

「Oさん 59歳」詳細はこちら

Mさん 50代前半

関連会社へ転籍された。条件面などでは段階的に移行されるらしい。

「Mさん 50代前半」詳細はこちら

Lさん 52歳

関連会社へ転籍された。条件面などでは段階的に移行されるらしい。

「Lさん 52歳」詳細はこちら

Kさん 58歳

詳しくはわからないが、会社との意見の食い違いは間違いない。

「Kさん 58歳」詳細はこちら

Jさん58歳

技術系一筋でやってきてかなりなすご腕だということは誰でも認める存在。

「Jさん58歳」詳細はこちら

Iさん58歳

単身赴任していたがどうしてもそりの合わない上司がいてことごとくいじめられていた。単身赴任だから定期的に帰宅していたがそれに難癖をつけられついにプッツン。

「Iさん58歳」詳細はこちら

Hさん。 54歳

Cさんに55歳の役職定年まで半年が待てないの?と質問した人。数年後に自分も同じだった偶然に自分でもびっくりしたとか。

「Hさん。 54歳」詳細はこちら

Fさん 58歳

地域のトップまで昇り詰めたのに突然辞めた。知識も深くとても仕事熱心で誰もが耳を疑った。理由は永遠に謎とされているが。

「Fさん 58歳」詳細はこちら

Eさん 50歳 (独身)

転勤で振り回されて、これから先も未来が見えない。50歳から定年扱いとなるので50歳になるのを待って退社し実家に帰った。

「Eさん 50歳 (独身)」詳細はこちら

Dさん 53歳

不正が見つかりクビに近いところへ追い込まれた。

「Dさん 53歳」詳細はこちら

Cさん54歳

どうしてもそのときの上司に我慢ならなかった。55歳の役職定年まであと半年待てなかったの?

「Cさん54歳」詳細はこちら

Bさん。58歳

国家公務員という恵まれた環境を2年残して決断

「Bさん。58歳」詳細はこちら