☆☆瀬戸 流平です☆☆2011年秋よりリタイヤ生活に入りました☆☆

団塊世代、退職.web > 退職についての知識

退職についての知識

ここでは、退職についてはもう一度冷静に考え直していただくことを前提として 退職についての流れから退職する手続きした後までを説明していきます

休暇を考える



休暇の種類とか深く考えたことはないのだろうか。休暇については労働基準法で明確に決められている


「休暇を考える」詳細はこちら

どんな問題があるのかな

退職すると、まず、収入が途絶えるという大問題がありますが

「どんな問題があるのかな」詳細はこちら

退職願の出し方




いつまでに出せばいいかというと、会社の就業規則によります。

就業規則が尊重されるが法律的には(あくまでも就業規則がないということが前提だが)口頭でもはっきりと上司に伝えておけば2週間前でいい、ということになっている。



「退職願の出し方」詳細はこちら

甘くない、脱サラ自営業への道

 

独立した自営業は3年以内に90%が姿を消し、99%は10年以内に姿を消すとも言われている。

 

書類を役所に届ければ出来ることは出来るんだけど、素人が独立してうまくいく確率はかなり低いというのが現実だ。

「甘くない、脱サラ自営業への道」詳細はこちら

退職をするとどうなるのか

健康保険・厚生年金・労災保険・雇用保険は脱退ということになり住民税、所得税の申告と納税は自分でしなくてはならない。

まず、健康保険は返却しなくてはならない。いままで、持病などかかえて忙しくて治療できなかったとかがあるのならこの際、退社前に治療を優先するのが得策だ。

「退職をするとどうなるのか」詳細はこちら

会社から受け取るもの

会社から受け取るものを確認しておきましょう

「会社から受け取るもの」詳細はこちら

会社への返却は

会社へ返却するものは健康保険被保険者証・身分証明書・名刺・バッジ・制服・携帯電話・通勤定期、その他会社から支給されているもの。当然ですが、かばん・工具・測定器・パソコン・車・など。
そしてあの子への淡い想いなども。

「会社への返却は」詳細はこちら

退職準備はぬかりなく

通常の定年まで勤め上げる人は会社がすべてやってくれますので問題はないと思いますが、くれぐれもかっとなってその場の勢いで辞表をたたきつけるというのは損をする可能性もあるので、ある程度頭を冷やす冷却期間というのが必要です。

「退職準備はぬかりなく」詳細はこちら

退職の経験

無事定年まで勤め上げて退職する場合は、会社の総務部などの担当者が慣れた手続きをやってくれるであろうが一応自分の意思でやめる場合の流れを確認しておきましょう。

 辞表をたたきつける!!というのではなく、まずは上司への口頭での意思表示を伝えることからスタートですがその前にもう一度冷静に考え直してみましょう。本当に辞めて大丈夫なの?

「退職の経験」詳細はこちら